七つの大罪

【七つの大罪】302話 絶望するメリオダス

メリオダスの体を宿主にして復活を果たした魔神王、状況は最悪かと思いきや、バン、そしてメリオダスの精神が魔神王の前に立ちはだかります。

あわせて読みたい
七つの大罪301話 ネタバレ感想
【七つの大罪】301話 魔神王vsバン!バンの実力!魔神王として姿を現したメリオダスでしたが、その正体はメリオダスの肉体を依り代に煉獄から復活した魔神王でした。 https://ma...

302話では、魔神王とバンとの戦い、そして内側(精神)ではメリオダスがバトルを繰り広げます。勝敗の行方はどうなるのか、ストーリーを追っていきます!

バン優勢!

魔神王とバンとの壮絶バトルは続行中。

未だバンは攻撃を余裕でかわし、反撃を喰らす有利な状況に見えます。しかも、攻撃は魔神王にダメージを与えています。

煉獄での修行でバンは確実に強くなった!

これはもう確定。

七つの大罪302話 ネタバレ感想
出典:週刊少年マガジン2019年14号 七つの大罪 鈴木央 講談社

さらに、ゴウセルやキングのセリフにもバンの強さについて語っている場面もありました。

それによると、バンの強さは「煉獄に行く前とは別人」「不死以上の力を手に入れてる」と話しています。

もちろんバンが魔神王に対してこんなにも優勢なのは、メリオダスが内側(精神)で戦っているからでもあります。

魔神王「エリザベスは死んだ」

バンと同じく魔神王と戦っているのがメリオダスの精神。自分の体内から魔神王を追い出すために戦うのだが、魔神王から思わぬ一言が発せられる!

エリザベスはとうに始末した!

と。

もちろんこれはメリオダスを絶望に落とすための魔神王のウソ。エリザベスはマーリンたちと共に戦況を見つめているわけだからね。

煉獄は現世とは時間の流れが違っている。何千年と煉獄にいたメリオダスにとっては、エリザベスが今どこにいるのかは分からないはず。

七つの大罪302話 ネタバレ感想
出典:週刊少年マガジン2019年14号 七つの大罪 鈴木央 講談社

そこを魔神王はうまく利用してメリオダスの精神をかく乱させようとしたようだ。ただ、魔神王はウソまでついてメリオダスを倒そうとする。

魔神王も余裕がないのが分かります。

とはいえ、確実に絶望を抱きはじめたメリオダス。エリザベスが死んだという魔神王のセリフを完全には否定しきれないようだ!

そして、これをきっかけに魔神王が優位になっていく!

七つの大罪302話 ネタバレ感想
出典:週刊少年マガジン2019年14号 七つの大罪 鈴木央 講談社

外の世界で戦っているバンが戦況が不利に傾いていく。魔神王の手とうがバンの腹にヒットしてしまう。

メリオダスが絶望を抱いたことで、魔神王が優位になっていくのか。このままでは魔神王の勝利が確定してしまう中で、ゴウセルがある作戦を思いつく。

スポンサーリンク

七つの大罪集結!

エリザベスが死亡したかもしれないという絶望にさいなまれているメリオダスの元に現れたのが七つの大罪メンバー!!!

ゴウセルの技によって精神世界に入ることができたのだ。もちろんそこにはエリアザベスの姿もいます。

これで魔神王のかく乱作戦も敗れてしまった。

エリザベスが生きていることを知ったメリオダスは絶望することはなくなったはず。力を取り戻し魔神王を体内から追い出す可能性が出てきた!

303話展開予想

ゴウセルの技によって七つの大罪がメリオダスの元に集結したことで大きい。絶望を克服したメリオダス、戦いの行方はまだ分かりません。

ABOUT ME
トントコ
トントコ
ジャンプ系・マガジン系・ラノベ系(コミカライズ)に掲載している雑誌連載マンガを中心に、毎週考察記事を書いていくブログ!マンガ考察メインのサイトです!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です