七つの大罪

【七つの大罪】303話 メリオダスとエリザベスとの念願の再開!

魔神王とバンとの壮絶なバトルを繰り広げた前回。

バン劣勢の状況に追い込まれたときに魔神王の内部(精神世界)に駆けつけたのがエリザベス率いる仲間たちでした。

あわせて読みたい
七つの大罪302話 ネタバレ感想
【七つの大罪】302話 絶望するメリオダスメリオダスの体を宿主にして復活を果たした魔神王、状況は最悪かと思いきや、バン、そしてメリオダスの精神が魔神王の前に立ちはだかります。 ...

303話では、仲間から勇気をもらったメリオダスが反撃に出ます。魔神王との戦いの行方はまだまだ分からない!

メリオダスと七つの大罪

ゴウセルの技によって、メリオダスの精神を助けるべく魔神王の内部(精神)に侵入することに成功した七つの大罪。

そして!

ようやく再開を果たせたエリザベスとメリオダス

七つの大罪303話 ネタバレ感想
出典:週刊少年マガジン2019年14号 七つの大罪 鈴木央 講談社

303話の最大の見せ場。

エリザベスの

好き

発言は、魔神王との熾烈な戦いを一瞬、忘れてしまうほど。

しかし、この幸せな時間を魔神王が見過ごすはずもなく、このスキに乗じて攻撃を仕掛けるべくメリオダスに向かっていく!

ホント野暮な父親だなw

とはいえ、七つの大罪との再会によって、絶望の淵から立ち直ることができたメリオダスは、魔神王の攻撃をあっさりと跳ね返す。

メリオダス復活!

七つの大罪との再会によって、魔神王を圧倒する力を取り戻すことができたメリオダス。魔神王の攻撃を退け反撃を喰らわす!

七つの大罪303話 ネタバレ感想
出典:週刊少年マガジン2019年14号 七つの大罪 鈴木央 講談社

魔神王に大ダメージを与えるメリオダス!

メリオダスの攻撃にかなりのダメージを受けている魔神王。精神世界ではメリオダスたちが優勢になってきた感じだ。

ただ、現実世界ではかなり厳しい状況に。まず、エリザベスをはじめとする七つの大罪の精神は魔神王の中にいるため、彼らの体は無防備状態。

バンがなんとか応戦するも、魔神王が狙うのはエリザベスたち!

バン一人では相手をするのがやっとで、エリザベスたちを守り切ることまで手が回らない。リュドシエルやマエルも応戦はするものの、完全には防ぎきれない!

スポンサーリンク

嘆息(たんそく)の賢人

七つの大罪303話 ネタバレ感想
出典:週刊少年マガジン2019年14号 七つの大罪 鈴木央 講談社

魔神王の攻撃はやまない!

さらなる攻撃を七つの大罪に浴びせる!「嘆息(たんそく)の賢人」を発動させ、圧倒的な火力で周囲を焼き尽くしていく。

容赦なく降り注ぐ火弾はバンでも苦戦する状況に。

エリザベスの肉体を守っているのはリュドシエルとマエルの二人。決死で守るのだが、嘆息の賢人が放つ火弾の威力はマエルらの闘級では防ぎきれない。

しだいに体力は消耗し窮地に追い込まれるバンたち連合軍!

しかし!そこに登場したのがゼルドエリス。

ゼルドリス反逆の意志!

ここまで連合軍の敵として戦ってきたぜルドリスだが、ここへきてバンたちを助ける行動をとる。魔神王が繰り出した嘆息の賢人を破壊した人物こそゼルドリス!

魔神王にして実父を裏切ったゼルドリスの想いとは?

振り返ること300話。

ゼルドリスがメリオダスを魔神王になることに納得したのは、かつての恋人ゲルタの復活(封印を解く)を約束されたからでした。

あわせて読みたい
七つの大罪300話 ネタバレ感想
【七つの大罪】300話 魔神王メリオダスの真実マーリンの禁呪は完成したもののあと一歩及ばず、魔神王メリオダスが戒禁を完全に取り込み爆誕してしまった前回! https://man...

けど、復活した魔神王はゼルドリスとの約束を破ってしまう。しかもメリオダスの体を乗っ取る始末。さすがに父親の行動にブチ切れたのか。

ゼルドリスがバンたちのピンチを救ったのだ!

嘆息の賢人を破壊したことでエリザベスたちの肉体はひとまず助かった。ゼルドリスが味方となったことで戦況はさらに七つの大罪に有利になっていくはず!

ABOUT ME
トントコ
トントコ
ジャンプ系・マガジン系・ラノベ系(コミカライズ)に掲載している雑誌連載マンガを中心に、毎週考察記事を書いていくブログ!マンガ考察メインのサイトです!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です