七つの大罪

【七つの大罪】308話 メリオダスが消える日

聖戦が終わり平和を取り戻したブリタニア。前回は、聖戦後のルグニカ王国の様子が描かれていました。

あわせて読みたい
七つの大罪307話 ネタバレ感想
七つの大罪 307話 エピローグ①魔神王が破れ聖戦が終結した前回。リオネス王国を襲撃していた魔神軍も一斉に撤退し、平穏な日々を取り戻しつつあります。 https:/...

脅威が去ったことで次第に活気を取り戻しつつありますが、気になるのはやはりメリオダスのことです。

現世から消えてしまうという悲しい真実の行方はどうなってしまうのか。308話エピソード②を見ていきます!

天変地異

七つの大罪308話 ネタバレ感想
出典:週刊少年マガジン2019年21・22号 七つの大罪 鈴木央 講談社

聖戦が終結し魔神王を倒したというよにブリタリアの大地が裂け、大気が荒れ、異常気象が各地で発生するという異常な状況。

しかもこの現象はリオネス王国を囲むように起こっているといいます。天変地異の原因はメリオダス。

魔神王となったメリオダスのあまりの強大な力に、世界がバランスを保つためにメリオダスを排除しようしているという。天変地異はその前触れ。

どうにもできないこと

七つの大罪308話 ネタバレ感想
出典:週刊少年マガジン2019年21・22号 七つの大罪 鈴木央 講談社

メリオダスがこの世界から消えることを食い止める方法はないという。どんなにあがいたとしても不可能のようだ。

そのためか、メリオダスは七つの大罪はもちろん、メリオダスにさえ現世から消えてしまうことを打ち明けようとはしない。

消えゆくその日まで名に変わらず振舞おうとするメリオダス。

ただ、仲間たちはメリオダスの行動とは裏腹に感づいてはいたようです。誰にも話さずに消えることを決意していたメリオダスの心中はいかに。

スポンサーリンク

仲間

平静を保っているようで、仲間たちはうすうすメリオダスがいなくなってしまうことに気づいていました。

気がかりなのはエリザベスです。

七つの大罪308話 ネタバレ感想
出典:週刊少年マガジン2019年21・22号 七つの大罪 鈴木央 講談社

ただ、エリザベスはメリオダスがいなくなることは知っているようです。知っていながらもメリオダスには何も聞かず平静を装っていました。

なんと健気な女の子。

ただ、そもそもの話、どうしてメリオダスは仲間に消えてしまうことを話そうといないのか、話さない理由はなんなのか?

心配させたくない?別れが辛くなるだけ?よく分からない。しかも周囲では天変地異が起こってるこの異常事態に気づかないわけもなく・・・

案の定仲間たちはメリオダスがいなくなることを気づいてしまう。なんだかイヤな形で仲間が気づいてしまったように思うのだが。そこんところの理由がよく分からない。

メリオダスが消えないルートの可能性

今のストーリーだとメリオダスはこの世界から消えてしまう展開が濃厚です。エリザベスとの永遠の別れという悲しいラストも匂わせています。

ですが、本当にメリオダスが消えない方法はないのでしょうか。

メリオダスが世界から消える理由は魔神王となり強大すぎる力を手に入れてしまったためです。ならこの力を奪う魔法とかないのかな。

七つの大罪ラストは大団円で終わってほしいという願望はある。

ABOUT ME
トントコ
トントコ
ジャンプ系・マガジン系・ラノベ系(コミカライズ)に掲載している雑誌連載マンガを中心に、毎週考察記事を書いていくブログ!マンガ考察メインのサイトです!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です