七つの大罪

【七つの大罪】309話 エリザベスが魔界へ?!

七つの大罪もいよいよクライマックスといったところ。現世には居続けられないことはメリオダスの口から言わずとも仲間たちはお察し。

あわせて読みたい
七つの大罪308話 ネタバレ感想
【七つの大罪】308話 メリオダスが消える日聖戦が終わり平和を取り戻したブリタニア。前回は、聖戦後のルグニカ王国の様子が描かれていました。 https://manga-kou...

それでもメリオダスは、エリザベスに最後の最後まで、別れを言わずに姿を消すことを考えているようです。

ラストに向けて二人の関係がどうなってしまうのか?

気持ちは沈む

七つの大罪309話 ネタバレ感想
出典:週刊少年マガジン2019年23号 七つの大罪 鈴木央 講談社

しーん

メリオダスが現世からいなくなることは、本人が言わなくてもバレバレのようです。豚の帽子亭内では重い空気が流れています。

なんだか気まずいです。

ただ、一番悲しいはずのエリザベスがなぜか平気に見えます。メリオダスを笑顔で送りたいのか、なんとも健気です。

なら当のメリオダスの気持ちはどうかと言えば、エリザベスには居なくなることを伝えようとしたものの、どうしても話すことができない。

話そうとすると、エリザベスの悲しい顔が思い浮かんできて、話すことができないという。打ち明けたくても打ち明けられない、メリオダスもまた苦しんでおりました。

ゼルドリスとゲルダ

メリオダスとエリザベスも気になるところですが、もう一組、解決していないカップルがいます。ゼルドリスとゲルダです。

ゼルドリスは魔神王にゲルダとの仲を引き裂かれたことに怒り、最後の最後で七つの大罪に加担していました。ただ、その後ゼルドリスの行方は知れず。

そして、メリオダスはそんなゼルドリスと「ある約束」をしていました。ゼルドリスの恋人ゲルダの封印を解くことです!

七つの大罪309話 ネタバレ感想
出典:週刊少年マガジン2019年23号 七つの大罪 鈴木央 講談社

12年前のエジンバラに棲みつく吸血鬼族の制圧に向かった七つの大罪一行、このとき敵として登場していたのがゲルダでした。

メリオダスはゼルドリスとゲルダの関係を知っていたため、ゲルダは倒さずに封印という選択を選んだわけですよね。そして、その封印を解きに来たメリオダス。

ぜルドリスとの約束は果たされました。

スポンサーリンク

エリザベスが魔界に!?

現世にいられないメリオダスが今後どうなるのか。答えは単純でした、どうやら魔界で生きていくようです。

そして、エリザベスはそんなメリオダスに対して

私も一緒に魔界へ行く!!

と満面の笑顔で宣言。

なるほど!メリオダスが現世から姿を消すことを知っても、悲しそうに見えなかったのは、一緒に魔界に行くことをすでに決めていたからなんですね。

そういえば、メリオダスは魔神族をエリザベスは女神族をある意味裏切った者同士、いがみ合う両種族を仲直りさせようとする意図はあったものの、結果的には聖戦へと発展。

そこまでして愛し合ってる二人なわけだから、メリオダスが魔界に行くならエリザベスも迷わず一緒に行くことを決めたのは納得です。

七つの大罪最終回に向けて!

いよいよ「七つの大罪」もクライマックスが近くなってきました。今週号の鈴木先生の一言では

2012年からよくここまでがんばったな~と思います。

と思い出に浸る一言がッ!

次回が最終話になるのかどうか、予告ではそんな雰囲気も感じさせますが、果たしてどうなるのか次号を待ちたいと思います!

ABOUT ME
トントコ
トントコ
ジャンプ系・マガジン系・ラノベ系(コミカライズ)に掲載している雑誌連載マンガを中心に、毎週考察記事を書いていくブログ!マンガ考察メインのサイトです!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です