進撃の巨人

【進撃の巨人】108話 ジークの本当の目的

別冊少年マガジン9月号が発売されましたね~。今回はエレンの宣戦布告に至るヒントがいくつか明らかになったり、仲間割れ!?と思えるラストも気になるところ。

壁内人類と世界との対話は実現不可能になり、平和的な対話は破綻。

そもそも、世界はパラディ島は「災いの種」であることを望んでいたというから、どの道平和的解決は難しかったってことなのかな。

ヒストリアの父親の正体

107話ラストにてヒストリアが赤ちゃんを身ごもっているコマで終わるという驚きの展開でしたが、今回誰がヒストリアの父親なのかが判明。

進撃の巨人108話 ネタバレ考察
出典:別冊少年マガジン9月号 進撃の巨人

まさか、幼少期に石を投げていたあの坊やだったとは驚きました。ちなみにその理由が「かまってほしかった」からだそうだ。

好きな女の子にイタズラしたがる小学生男子みたいなノリですねwww

ちなみに「青年」とだけしか表記されておらず、彼の名前は不明。ヒストリアが運営する孤児院で下働きとして働いていた縁らしい。

ここで気になるのは、ヒストリアが授かったわけだけど、婚礼をおこなっていないことですよね。これはローグも指摘していたこと。

たしかに、ヒストリアに進言した何者かがいる可能性は高いと思う。

ローグはその人物が義勇兵のイェレナだと勘ぐっていた。ジークを少しでも生き延びさせるための作戦ではないかと。イェレナはジークの信奉者ってのもあるしね。

ただ、ジークをたんに生き延びさせるためだけに、ヒストリアをそそのかすというよりも、ジークの指示でイェレナを動かしたって可能性の方が高いと思う。

進撃の巨人108話 ネタバレ考察
出典:別冊少年マガジン9月号 進撃の巨人

ニコロの不審なコマも気になるところ。ニコロはマーレからやってきた調査員の一人。このコマはどんな意味を含んでいるのだろうか?

スポンサーリンク

世界の反応と動き

一年前の回想シーンの中でエルディ島に対する世界の反応が明らかになります。これによれば、平和的な解決はほぼ絶望的。

外交政策についても、頼みのヒィズル国は自国の利益(パラディ島の資源の独占)のため手を貸してくれない。

そこでマーレ潜伏を計画。

マーレに偵察をしようと提案したのは、そもそもハンジさんだったんですね。壁内人類が秘密裏に潜伏して平和的解決を模索する

エレンも一年前まではアルミンたちの意見に耳を傾けていたようだけど、マーレに潜伏して意識が変化してしまったということなのでしょうか?

ジークとの対話によって。

進撃の巨人108話 ネタバレ考察
出典:別冊少年マガジン9月号 進撃の巨人

ジャンが言っていたように、エレンはジークと単独で会っており、これがきっかけとなって宣戦布告に至った可能性が高くなった(というかほぼ確定)。

こうして見ていくと、108話ではジークが裏でさまざまな工作をしていたこと(推測も含めて)と読めた。ジークはやはり「何か」を狙っていると思う。そして、その準備もしてると思うな。

ジークの目的

107話終盤、アルミンのセリフの中でジークとエレンの関係について興味深いことを話していました。

進撃の巨人108話 ネタバレ考察
出典:別冊少年マガジン9月号 進撃の巨人

アルミンの推測を根拠とするなら、「地ならし」を発動するためには命令を下せるエレンが必要となる。

ジークはあくまで「始祖の力」を呼び出すための触媒にすぎないというのだ。いくらジークが何かを企てようと、エレンが協力しなければ問題ない。

でも、方法はほかにも考えられるよね。

たとえば巨人化の薬を入手した兵団はエレンを継承させることができると指摘したけど、これはジークら義勇兵にも当てはまること。そもそも巨人化の薬は義勇兵がマーレから持ってきたものだからね。

今までのイェレナの行動から考えても、義勇兵もまた兵団を信じ切っているわけではないのは明らかたから、薬を隠し持っているなんてこともありそう。

こうして考えていくと、ヒストリアのこのタイミングでのご懐妊もやっぱり、ジークの工作によるものなのかなと勘ぐってしまう。

それぞれの思惑が複雑に絡み合ってるけど、まずはエレンの意志がどうなのか、ここが一番重要なところ。でもなぁ~、宣戦布告しちゃった時点で分かってるんだけどさ。

ABOUT ME
トントコ
トントコ
ジャンプ系・マガジン系・ラノベ系(コミカライズ)に掲載している雑誌連載マンガを中心に、毎週考察記事を書いていくブログ!マンガ考察メインのサイトです!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です