進撃の巨人

【進撃の巨人】112話 アッカーマン一族の秘密

前回、ジークの裏の計画が明らかになりました。それは、ワインの中にジークの脊髄液が混入されていたこと。

111話ではまだ「疑惑」の段階だったけど、イェレナの怪しい動きやフロックの懐柔、そしてエレンの暴走。

あわせて読みたい
進撃の巨人111話 ネタバレ考察
【進撃の巨人】111話 ジークの本性前回、イェレナの裏工作の疑惑が浮上してたけど、もうこれは確定事項でいいですよね。しかも、ザックレー総統の殺害、エレンをはじめとする数百人...

やはり、ジークは秘密裏に行動して、壁内人類に本心を隠していましたか。112話ではこの続きから。さまざまな伏線が回収された回となっています!

ジークの嘘

進撃の巨人 112話
出典:別冊少年マガジン2019年1月号 進撃の巨人

ジークがリヴァイに話していた話しによれば、ジークの脊髄液を飲んだ時点でエルディア人であれば、すぐに「硬直」してしまう。これは110話で判明した事実でした。

ですが、この事実こそがジークのフェイクだったようです!

脊髄液を飲んだエルディア人はジークの一声で強制的に無垢の巨人に変えることは可能。けど、飲んだ時点ではなんの変化も現れない。

そのため兵団の高官は、マーレから持ち込まれたワインであっても疑うことなく飲み続けていたわけか。壁内人類はまんまとジークにいいように踊らされていた。

急展開!エレン乱入!

進撃の巨人 112話
出典:別冊少年マガジン2019年1月号 進撃の巨人

さらにハンジたちがいるレストランに、突如としてエレンが乱入する。どうやらレストランで働いているマーレの従業員がエレンと繋がっていたようなのだ。

こうした工作もすべてイェレナによるもの。武装したエレン率いるイェーガー派はハンジたちを拘束、連行する。彼らの目的とはジークの居場所を掴むこと。

そしてもう一つ、エレンの親友であるアルミンとミカサと直接話すこと。その中でマーレの単独行動の真相やアッカーマンの秘密など、エレンの口から真相が明らかになる。

決してジークに操らえているわけではない!オレ自身の意志でマーレ単独襲撃を決断したという。とはいえ、マーレ単独襲撃からのエレンの性格は以前のそれとはまるで違う。

それに、操られている人間は往々にして「自分は操られいない!」と言うもの。個人的にはエレンのセリフをすべて信じることはできなかった。

ジークの意図する方向に進まされている、そんな印象は拭い去れない。そんな風に当ブログでは考察します。

スポンサーリンク

アッカーマンの正体

エレンはアッカーマンについても話しています。それによれば、アッカーマンとは人の姿のまま一部巨人の姿を引き出せる一族だという。

もともとアッカーマンはエルディアの王を守る意図で設計された一族。その名残から、誰かを宿主と認識した途端、地に組み込まれた習性が発動するという。

ミカサの例でいえばエレンとなる。ほかにリヴァイの例でいえばエルヴィン、ケニーの例でいればウーリ・レイスとなるのだろうか。たしかに、いずれも守るべき主を得ている。

さらに、巨人の力が発現したエルディア人は慢性的な頭痛に苛まれる。ミカサは度々頭痛に悩まされていたが、その理由が明らかになった。

とはいえ、アッカーマンの力が巨人の力が関係しているのなら、なんでエルディア王の能力が効かないのだろうか。いろいろ疑問に思うことはある。

ジーク動く!

リヴァイによってジークを隔離して一カ月が過ぎようとしていた。ザックレー総統の死がリヴァイの元にも伝えらる。

現在兵団を指揮しているピクシス司令は、エレンとの話し合いを検討。

進撃の巨人 112話
出典:別冊少年マガジン2019年1月号 進撃の巨人

しかし、実際にはザックレーと同じくエレンの能力を他の者に継承するのが本心だった。敵か味方か分からないあの状況において、ピシクシが本心を言うことはやはりなかったか。

ハンジたちに真意を伝えなかったというのは、彼らをイェーガー派と疑っている可能性を秘めているとも言えますよね。

そして、ここにきてジークが動く!

進撃の巨人 112話
出典:別冊少年マガジン2019年1月号 進撃の巨人

兵団たちが持ち込んでいた食料の中には例のワイン、つまり、ジーク脊髄液が混入したワインも含まれていた。このタイミングを見計らいジークは兵団を無垢の巨人に!

次々とジークの思い描く通りにことが動いている。これでジークとエレンとの接触の可能性はかなり高くなった。そして、エレンたちの動向も気になります。

113話展開予想

ジークがリヴァイの監視をくぐり抜けるのかどうか、ここが1つのポイント。兵団を無垢の巨人にしたが、リヴァイはアッカーマン、無垢の巨人にはなっていない。

そして、この密林。機動装置が有利な地形であるのは間違いない。だからこそ、この場所に決めたはずだから。ジークとリヴァイの直接対決、次回はそんな展開がありそうです!

ABOUT ME
トントコ
トントコ
ジャンプ系・マガジン系・ラノベ系(コミカライズ)に掲載している雑誌連載マンガを中心に、毎週考察記事を書いていくブログ!マンガ考察メインのサイトです!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です