進撃の巨人

【進撃の巨人】113話 リヴァイ死亡?ジーク動く!

シークの工作によって多くの兵団が「脊髄入り」のワインを飲まされていたことが発覚。さらにはイェーカー派によりハンジたちが拘束されてしまった前回。

あわせて読みたい
進撃の巨人 112話
【進撃の巨人】112話 アッカーマン一族の秘密前回、ジークの裏の計画が明らかになりました。それは、ワインの中にジークの脊髄液が混入されていたこと。 111話ではまだ「疑惑」の段...

内部分裂の溝は修復できないほどに深くなりすぎてしまう。世界はパラディ島に攻撃をせんとする現状で、エルディア人の運命はどうなっていくのか!

巨人化する兵士

進撃の巨人 113話ネタバレ感想
出典:別冊少年マガジン2019年2月号 進撃の巨人

今の今まで密かに練っていた作戦を実行に移したジーク。リヴァイから逃げるため、そして、エレンと合流するために兵士たちを巨人化させる!

ジークを監視していたリヴァイの部下たちもジークの脊髄入りにワインを飲んでいたのである。ただし!リヴァイだけはワインには口を付けていなかったようだ。

巨人化した元部下たちが襲ってくる状況に絶体絶命のリヴァイ。元に戻る可能性があるかもしれないと頭をよぎり、攻撃をためらっているように見えた。

ジークの甘さ

ジークが狙っていたのはここだった。リヴァイは巨人化した部下を殺せないと踏んで、逃げ切ると思っていたようだ。

だが、リヴァイはそんな奴ではない。

リヴァイたち調査兵団がどれだけの仲間の犠牲を払って今まで生き抜いてきたか、リヴァイは部下であろうと巨人をすべて倒していった。

そして!ジークの元へと迫る!!

ジークとリヴァイのタイマン勝負。とはいえ勝負はもうついたようなもの。ブチ切れたリヴァイは誰にも止められない。

進撃の巨人 113話ネタバレ感想
出典:別冊少年マガジン2019年2月号 進撃の巨人

ジークは抵抗空しくリヴァイに仕留められてしまうのである。これによりジークとエレンとの接触は白紙となった。

ジークを生きたまま捕まえた。部下は全員死亡、リヴァイはジークに「すぐには殺さない」といい、ジークに拷問するのであった。

スポンサーリンク

暴走するイェーガー派

フロック率いるイェーガー派はハンジさんを拘束した後、兵団支部を占拠しエルディア人の未来はイェーガー派が導いていくと宣言する。

さらに、兵団支部にいた訓練兵らを味方につけてイェーガー派の勢力はどんどん拡大していく。旧来の年寄り指導者は用済み、これからはエレンが、イェーガー派が指揮を執っていくのだろうか。

114話ではイェーガー派が過激になっていきます。兵団内部は修復不能な崩壊状態。こんな統制のとれていない状況の中で世界とどう戦っていくのでしょうか?

ジークはリヴァイの手の中に

進撃の巨人 113話ネタバレ感想
出典:別冊少年マガジン2019年2月号 進撃の巨人

イェーガー派の動きは活発化を見せるが、彼らが望むのはジークとエレンの接触。しかし、この望みもリヴァイによって実現しそうにはない。

このままだとリヴァイによってシークは死亡確定。そうなれば、エルディア人が世界に勝つための作戦があるのかどうか。

ん~どんな展開になっていくのやら。

ジークの過去に秘密がある?

114話をざっくりとまとめてみると、ジークの作戦が失敗しイェーガー派がさらに過激になっていくという展開でした。つまり、すべてが噛み合っていない状況です。

イェーガー派が兵団を指導していくとしても、肝心のジークとの接触は絶望的、この時点で詰んでます。リヴァイもジークが利用価値があるから生かしてはいる。

ただ、1つヒントとなる箇所がありました。

それがラストページ。拷問中のジークは幼い頃の回想を思い出します。そこには「使命」という言葉。さらにはクサヴァーという人物も登場します。

ジークがマーレ帝国を裏切りエルディア人に味方するきっかけが、ここに隠されているのではと睨んでいます。となれば、ジークの今ままでの行動の真相も明らかになるかもしれません。

さらには、エレンが過激派になった理由も分かるかもしれません。エレンはジークと接触したことで過激な行動(マーレへの宣戦布告)をしたと思われるからです。

次回、ジークの回想が描かれるとすれば、かなり重要な回になるのではと思っています。

ABOUT ME
トントコ
トントコ
ジャンプ系・マガジン系・ラノベ系(コミカライズ)に掲載している雑誌連載マンガを中心に、毎週考察記事を書いていくブログ!マンガ考察メインのサイトです!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です