進撃の巨人

【進撃の巨人】114話 ジークの新の目的

前回、ジークの策略により、リヴァイの部下は全滅。だが、ブチ切れたリヴァイがジークを捕まえ拷問コース、それが前回のあらすじです。

あわせて読みたい
進撃の巨人 113話ネタバレ感想
【進撃の巨人】113話 リヴァイ死亡?ジーク動く!シークの工作によって多くの兵団が「脊髄入り」のワインを飲まされていたことが発覚。さらにはイェーカー派によりハンジたちが拘束されてしまった...

進撃の巨人114話ではジークの過去エピソードが描かれます。

マーレ戦士となったジークは他の継承者を圧倒する力と頭脳から優秀な一面を見せていますが、幼い頃の少年ジークはそうではなかった。

ジークの幼少期

進撃の巨人114話ネタバレ感想
出典:別冊少年マガジン2019年3月号 進撃の巨人

ジークの幼少期は戦士候補生の中でも一番成績の悪い子供でした。復権派のリーダーをしていた両親からの過度の期待は、ジーク少年にとっては重圧にしかならず。

飛行船を見たいという純粋な好奇心から「外」に出ただけなのに、殺されたしまった妹のフェイ。フェイの死が少年グリシャを変えていきました。

114話では復権派としてマーレと戦っていくジークの両親と、マーレに従順に従う祖父母との間に挟まれていたジークの姿が描かれます。

ジークは「マーレ戦士」にはなりたくなかった、というのが本音だったようです。両親、特に父親が喜んでくれるから訓練に挑んでいたと言えそうです。

マーレ戦士になることは本意ではないのですから、ほかの子供たちに比べて遅れをとるのも納得です。心の底から「戦士になりたい」とは思ってないわけだから。

トム・クサヴァーとの出会い

進撃の巨人114話ネタバレ感想
出典:別冊少年マガジン2019年3月号 進撃の巨人

そんなときに出会ったのが「獣の巨人」の戦士トム・クサヴァー

トムはマーレの戦士にして巨人学研究者。2000年前に起こった始祖ユミルが接触したとされる「何か」を研究していました。

トムとの出会いでジークも気持ちが揺らいでいったようです。

進撃の巨人114話ネタバレ感想
出典:別冊少年マガジン2019年3月号 進撃の巨人

実はジークが両親を告発するように助言したのはトム。トムはジークを守るために苦心の決断で助言しています。

ジークは祖父母に引き取られますが、トムはその後もジークを気にかけていたようです。成長したジークとキャッチボールをするシーンは、知り合い以上の関係でした。

ジークはトムにかなりの影響を受けたといえそうです。

ジークの「本当」の目的

今回のエピソードから、ジークがエレンと接触する目的は、地ならしを発動することではなく、エルディア人の根絶と言えそうです。

自らの手でエルディア人を絶滅させる。

もう二度と自分のように苦しみながら生きる子供たちを誕生させなくて済むと考るようになります。そのために始祖の巨人の力がどうしても必要でした。

始祖の巨人は「道」を通してエルディア人を操ることができます。記憶改ざんだけでなく体の構造も変化させることができることが今回判明します。

つまり、ジークは始祖の巨人の力を使って、エルディア人の子供が生まれないように体の構造を変化させるつもりだったんです。

これがジークの本当の目的です。

ジークのこの本音は個人的にはかなり納得してます。

進撃の巨人114話ネタバレ感想
出典:進撃の巨人20 諫山創

そうでなきゃシガンシナ地区での調査兵団の大量殺戮なんてできないでしょう。エルディア人を守るって大義名分があるなら、あんな攻撃を平気でできるはずがない。

リヴァイが「殺す」という表現を使っているのに対して、ジークは「救い」って表現をしてたのが二人の立ち位置をよく表していたように思います。

二人はエルディア人の未来を危惧してるのは間違いないけど、そのやり方が違ってます。そりゃあ、分かり合えるわけがない。

ABOUT ME
トントコ
トントコ
ジャンプ系・マガジン系・ラノベ系(コミカライズ)に掲載している雑誌連載マンガを中心に、毎週考察記事を書いていくブログ!マンガ考察メインのサイトです!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です