約束のネバーランド

【約束のネバーランド】126話 ムジカの正体は邪血の少女?

ギーラン卿との同盟を成功させたノーマン、鬼同士をぶつけることで一人の食用児も死なせない、そんな作戦を考えていました。

あわせて読みたい
約ネバ125話ネタバレ感想
【約束のネバーランド】125話 ノーマンとギーラン卿の同盟と本心前回、鬼との同盟を結ぶノーマンの姿が描かれましたが、今回同盟の中身が明らかになります!ただ、その内容は一筋縄ではいかないようです。 ...

126話では会談をおえたノーマンがアジトへと帰還します。そこに待っていたのはエマとレイの二人。

ノーマンの作戦に納得いかないエマが駆け寄ります!

鬼に対する恐怖

約ネバ126話ネタバレ感想
出典:週刊少年ジャンプ2019年15号 約束のネバーランド 集英社

ノーマンの部屋での出来事。バーバラたちが鬼へ向ける底知れない憎しみを目の当たりにしたエマとレイ。

ラムダ農園出身のバーバラたちとGF農園出身のエマ。バーバラたちの鬼への憎しみから、ラムダでおこなわれていた人体実験の壮絶さもうかがえます。

恐ろしい!

ただ、バーバラたちの反応からして、エマとは分かり合えそうもない。仮にだ、ノーマンを説得して計画を変更したとする。

バーバラたちは当然黙っちゃいない。

今度はバーバラたちの気持ちが収まらなくなる。今後ノーマンの計画がどこへ向かっていくにしろ、納得できない人物はいなくならないように思えた場面。

スポンサーリンク

ノーマンとの話し合い

126話のタイトル「鼎談(ていだん)」。

鼎談(ていだん)って読むんだね、知らなかった。意味を調べてみると、三人が向かい合って話すことなんだとか。

つまりは、

エマ、ノーマン、レイ

の三人が膝を合わせてじっくりと話し合う。そんなシーンを描いたのが126話と言えそうです。そして気になるのは話し合いの中身です。

気になる話題を一つずつ見ていきます!

鬼の世界

ノーマンが語る鬼の世界の実情が今回明らかになります。

今までも王、貴族、平民と身分社会を匂わせる描写は描かれていましたが、より詳細な身分構造が判明します。

約ネバ126話ネタバレ感想
出典:週刊少年ジャンプ2019年15号 約束のネバーランド 集英社

鬼の身分制度はピラミッド構造。

一番上に王がいて、その下に五摂家(ごせっけ)がいます。

五摂家については、前回ギーラン卿との会談でも登場していましたが、鬼の世界の中でも王家に次ぐ権力を持つお偉いさん。

ノーマンと同盟を交わしたギーラン卿は、かつて五摂家として権力を握っていたようですが、政治の駆け引きに負けて没落。

自分たちをハメた現五摂家への復讐と、権力復権を狙いノーマンと同盟を結ぶことを決意したという流れのようです。

ノーマンの意味深なセリフの真意

約ネバ126話ネタバレ感想
出典:週刊少年ジャンプ2019年15号 約束のネバーランド 集英社

鬼の世界について話していたノーマンは、最後に意味深なセリフを言っていました。

もう一つの事情が彼らにはあるからね

とは一体なにを意味するのか。

考えられるのは、前回ノーマンがお土産として持参した知性鬼の首です。ギーラン一家の目下の悩みは人肉の確保です。

どんなに復讐心があっても、ヒト型を保てなければ意味がありませんよね。野良鬼に陥れば人語もろくにしゃべれなくなり、ギーラン一家は名実ともの終わり。

そこで、ノーマンは定期的に知性鬼を持ってきてるのかもしれませんね。量産農園を破壊して回っているノーマンなら可能です。

あくまで可能性の一つですが。

ムジカの存在

今後重要な伏線となるであろうムジカついても話題に上ります。そしてノーマンのリアクションから、すでに知っていたようです。

ただし!

エマとは違う呼び名で話していました。

邪血の少女

と。

邪血の少女とはムジカのことを指しているのは明白です。では、この邪血の少女とはいったい何なのか、現段階で分かることを考察してみたいと思います。

邪血の少女

邪血という邪魔な血筋、忌むべき血筋、そんな意味を連想させます。人肉を食べなくても退化がない。ムジカの正体とは一体なんなのでしょうか。

ムジカに関する気になる点は他にもあります。

たとえばレウウィス卿との関係です。なぜここでレウウィス卿を持ち出すのかといえば、94話にてレウウィスの回想の中でムジカらしき少女が描かれていたからです。

あわせて読みたい
約束のネバーランド94 ネタバレ感想
【約束のネバーランド】94話 さらなる選択!レウウィスに辛くも勝利したエマたち!これでGPの悪夢から解放されたけど、まだまだ気が休まらない状況が続いていくようです! 今回の戦...

レウウィスとの関係性もまだ回収されていません。

この点についても気になるところです。いずれにせよ次回ノーマンの口からムジカの正体について語られそうです!

ABOUT ME
トントコ
トントコ
ジャンプ系・マガジン系・ラノベ系(コミカライズ)に掲載している雑誌連載マンガを中心に、毎週考察記事を書いていくブログ!マンガ考察メインのサイトです!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です