約束のネバーランド

【約束のネバーランド】127話 ノーマンとエマの亀裂!

前回、ノーマンのセリフに登場した「邪血の少女」。ムジカのことを指していましたが、その正体は次回に追わずけ状態でした。

あわせて読みたい
約ネバ126話ネタバレ感想
【約束のネバーランド】126話 ムジカの正体は邪血の少女?ギーラン卿との同盟を成功させたノーマン、鬼同士をぶつけることで一人の食用児も死なせない、そんな作戦を考えていました。 https:...

そして今週、いよいよムジカの正体、邪血の少女とは何者なのかが明かされます。さらにはエマの本心をノーマンにぶつけます!

126話のタイトルが「対立」、ん~なんだかイヤな予感がしないでもない。鬼殲滅か、それとも別の作戦があるのか、重要な分岐点です。

邪血の少女

ノーマンの口から語られたのは「邪血の少女」の正体でした。

邪血の少女とは人を食べなくても人型を維持することができる超特異個体の鬼のだといいます。そして、その少女こそが、かつてエマを助けた

ムジカ

だというのです。

なぜムジカはあのときエマを助けたのか?

その動機に疑問を持っていたけど、そもそもムジカは人間を食べる必要のない鬼、さらにエマたちの境遇を自分と重ねたのかもしれませんね。

救世主と血

約ネバ127話 ネタバレ感想
出典:週刊少年ジャンプ2019年16号 約束のネバーランド 集英社

邪血の少女が出現したのは700年前のこと。

生年や出生は不明のためどうやって生まれたのかは分かっていませんが、記録にはじめて登場したのが700年前。

記録では彼女は「救世主」と呼ばれていたという。その秘密は彼女の血。邪血の少女の血を飲むことで、彼女と同じ体質を手に入れることができという。

つまり、人間を食べなくても退化しない体になる!

ということ。

農園システムが確立されていなかった当時の鬼の世界で、飢餓に苦しみ野良鬼になる知性鬼たちに自分の血を与えていたのがムジカ。

困窮した村々を回っては自分の血を分け与え救っていった。ゆえに「救世主」と呼ばれていたのだが、彼女の運命は王家の耳に入ってから一変する。

スポンサーリンク

断絶された血

約ネバ127話 ネタバレ感想
出典:週刊少年ジャンプ2019年16号 約束のネバーランド 集英社

邪血の少女の噂は鬼の世界に広まり、いつしか王家の耳にも届くようになる。そして、王家は邪血の少女とその仲間全員を食い殺してしまったという。

理由は少女の血を恐れたため

鬼の世界を支配していくために邪血の少女の存在は王家にとって邪魔だった。農園を運営し人肉を管理する王家にとって不穏分子は排除したかったようだ。

ここまでノーマンの話で明らかになった邪血の少女の歴史。

記録では少女の血は王家によって絶たれ、その仲間も全滅したとされたと記されているが、ムジカやソンジュのように実際には生き残っていた。

ノーマンの冷酷な決断

エマから邪血の少女が生きていることを知ったノーマンは、思いもよらない決断を告げます。それは、

ムジカとソンジュの殺害

鬼殲滅作戦において、ムジカの存在は危険要素になりかねないと判断したノーマンは、エマの前で殺す考えを告げます。

当然エマは納得しない。

ムジカは助けてくれた命の恩人、そして大切な友達。鬼を滅ぼしたくないという本心もあって、ノーマンの作戦にはどうしても賛同できないエマ。

ノーマンとエマは分かち合えないほど対立したように見えます。鬼を殲滅させなければ家族は救えないと断言するノーマンに、エマはどう答えるのか?

次回が気になります!

ABOUT ME
トントコ
トントコ
ジャンプ系・マガジン系・ラノベ系(コミカライズ)に掲載している雑誌連載マンガを中心に、毎週考察記事を書いていくブログ!マンガ考察メインのサイトです!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です