約束のネバーランド

【約束のネバーランド】128話 エマの新たな旅!

ムジカの正体が明らかになった前回、そこにはノーマンに自分の考えを全力でぶつけるエマの姿がありました。

あわせて読みたい
約ネバ127話 ネタバレ感想
【約束のネバーランド】127話 ノーマンとエマの亀裂!前回、ノーマンのセリフに登場した「邪血の少女」。ムジカのことを指していましたが、その正体は次回に追わずけ状態でした。 https:...

鬼を殲滅したくないッ!

というエマ本音に対してノーマンの返答はどうなるのか、二人の意見は平行線のまま対立し続けるのか。

その答えが128話で明らかになる!

ノーマンの答え

約ネバ128話 ネタバレ感想
出典:週刊少年ジャンプ2019年17号 約束のネバーランド 集英社

エマの考えを聞いたノーマンですが、鬼殲滅作戦を変えるつもりはないと断言。すべての鬼を倒さない限りは家族(食用児)で笑える未来はないといいます。

さまざまな作戦をノーマン自身も考えた中で、一番安全で成功する確率の高い作戦が鬼を殲滅すること。エマの作戦では不確定なことが多すぎる。

家族を誰一人失わない戦いをするだけでも大変なのに、エマは敵である鬼も殺さない作戦を提案。無謀な作戦であるのは否定できない!

ノーマンの意見は至極まっとうな意見。

問題は、このノーマンの正論に対してエマが納得できるかどうかですが・・・そんなはずはもちろんナイ!

エマの考え

無謀な作戦だと指摘されたエマですが、エマはそんな簡単には引き下がらない!なんたって彼女の芯の強さは折り紙付き。

ただし、鬼殲滅はエマの感情から出てきた本音。ノーマンとの言い争いは明らかに不利。だから感情をそのままぶつけていく。

結局は

鬼を殲滅するのは私の感情が許さない

という感情論。

とはいえ、エマにはノーマンを納得させるだけの材料を持っている。それが、一年半という長い月日をかけてようやく見つけた七つの壁のヒント

エマの作戦

七つの壁のヒントに辿りつけたこと、鬼のボスと新たな約束を結びなおすこと、エマがアジトにやってくる前に考えていた作戦をノーマンに話すエマ。

エマの話を聞いたノーマンは動揺。

ミネルヴァさんですら辿りつけなかった七つの壁の行き方を、エマがすでに見つけてしまっていたから。

そして、ここからエマのペースで話が進んでいくwww

約ネバ128話 ネタバレ感想
出典:週刊少年ジャンプ2019年17号 約束のネバーランド 集英社

戻ってくれたら絶滅結びなおしてね

七つの壁の話から、いつしか絶滅撤回の約束をノーマンと取り決めたかのように話を進めていくエマ。こうなってしまったらエマの独壇場。

エマはこれだ!と思った自分の信念は、たとえ誰であっても曲げることはない。オジサンのときも自分の信念んを貫いたから味方にできたんだよな。

今回もそうあってほしい!

スポンサーリンク

エマの新たなる戦いはじまる!

アジトでの生活が続いていましたが、ノーマンとの話し合いによって新たな戦いがはじまろうとしています!

七つの壁を越えて約束を結びなおす!

ようやく当初の目的が動き出します。

鬼殲滅作戦が白紙になったわけではないが、七つの壁の秘密を解き明かすことで、作戦を考えなおしてくれるとノーマンは言ってくれました。

エマの目的は次の通り。

エマの目的
  • 七つの壁へ行く
  • 鬼のボスと約束を結びなおす

七つの壁の行き方は見つけています。ただ、七つの壁に行けたとしても戻ってこれるからは不明。約1000年前に鬼との約束を結んだのは初代ラートリーです。

今もなおラートリー家が鬼の世界にいることを考えれば、初代は無事に七つの壁から戻ってこれたことを意味するはずです。

ノーマンにすべてを打ち明けたことで吹っ切れた様子のエマ。次回からいよいよ七つの壁の謎が明かされていきます!

楽しみ。

ABOUT ME
トントコ
トントコ
ジャンプ系・マガジン系・ラノベ系(コミカライズ)に掲載している雑誌連載マンガを中心に、毎週考察記事を書いていくブログ!マンガ考察メインのサイトです!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です