約束のネバーランド

【約束のネバーランド】130話 いざ七つの壁へ!!

エマの「鬼を殲滅させたくない!」宣言に対して、ノーマンの葛藤が描かれた前回。「ぼくは迷ってない」と口に出してる時点で明らかに迷っていたノーマン。

ノーマンの葛藤については129話をどうぞ。

あわせて読みたい
約ネバ129話 ネタバレ感想
【約束のネバーランド】129話 ノーマンの葛藤、そして決意!自分の本当の気持ちをノーマンに伝えたエマ、ノーマンもエマの話で鬼殲滅作戦を変更する意志は示していたとは思う。 https://ma...

ただ、そんなノーマンの心情をエマとレイは見透かしていました。

130話では、エマが七つの壁を探しに行くのは、ノーマンにすべてを背負わせたくないという想いが含まれていることが明らかになります。

GFハウスでのノーマン出荷のような同じ過ちは、もう二度と繰り返したくない!

エマの報告

ノーマンに自分の想いをすべて話したエマ。レイと共に七つの壁へと向かいます!ただし、まだダンたち家族にはこのことは話していなかったようです。

そんなわけで、突然の発表!

約ネバ130話 ネタバレ感想
出典:週刊少年ジャンプ2019年19号 約束のネバーランド 集英社

エマの告白に、ビックリ!!

家族から返ってくる驚きのリアクション。当然といえば当然。ようやく鬼の脅威から逃れてアジトに辿りついたのに、自ら危険な道に進むわけだから。

しかも、その理由が

鬼を殲滅させたくない!

なんだからなおさら。

ただ、エマは鬼にさんざん命を狙われたとはいえ、だからとって鬼の殲滅という選択は選びたくないといいます。

鬼にも家族がいて子供がいて、ムジカのように人間と友達になれる鬼だっている。レイのナイスフォローもあって家族たちは納得しはじめる。

後悔はもうしたくないッ!

鬼の殲滅はイヤだ!というのがエマが七つの壁を探す理由でした。けど、エマの今回の行動には他にも理由があったんです。それが、

ノーマンを助けたい!

という想い。

約ネバ130話 ネタバレ感想
出典:週刊少年ジャンプ2019年19号 約束のネバーランド 集英社

ノーマンと話し合ったエマは、ノーマンがすべてを背負って食用児たちを助け出そうとしていることを見抜きます。

これはレイも同じ。

レイがエマに協力的なのは、無茶ばかりするエマをサポートすることもあるけど、ノーマンが抱えている重荷を少しでも軽くしてあげたいと思っての行動。

GFハウスでのノーマンの出荷。

あの後悔がエマとレイの頭を過ります。ノーマン一人に背負わせない、三人で一緒に背負っていきたい、そんな友情を感じるシーンでした!

スポンサーリンク

出発の合図は「月の出る夜」

家族たちもなんとか納得し、エマたちを送り出します。目指すのは七つの壁です。ただ、今回のラストコマでは意味深な場面が描かれています。

約ネバ130話 ネタバレ感想
出典:週刊少年ジャンプ2019年19号 約束のネバーランド 集英社

エマとレイががナイフを自分の腕に向けています。さらには、金の水が入った瓶が開けてある。どうやら、二人はここでなにかを試すようです。

ヴァイオレットのセリフにも、

これ・・・試すのはあの時振りだな

と発言。

ヴァイオレットは、エマたちと共に七つの壁のヒントを探しに旅をした一人。ヴァイオレットのセリフからも七つの壁に関することであるのは間違いなさそうです。

ただ、単行本を読み返してもヴァイオレットのセリフに該当するような場面は見つけられなかったので、おそらく描かれるのは今回が初めてだと思われます。

月・ヴィダ・金の水

エマたちが試そうとしているのは、七つの壁に入るための方法のようにも思えます。金の水に映し出された月、エマの手にはヴィダがあり、ナイフで自分の腕に向けている。

ラストの次回あおりには「いざ七つの壁へ」とあることからも、この方法で七つの壁に行けるということなのでしょうか。

てっきり、2年前にたどり着いた寺院へ行くのかなと思ったんだけど、あの寺院に行かなくても七つの壁はいけるってことのようです。

その方法をエマたちは試そうとしている、そんな展開に思えます。

ABOUT ME
トントコ
トントコ
ジャンプ系・マガジン系・ラノベ系(コミカライズ)に掲載している雑誌連載マンガを中心に、毎週考察記事を書いていくブログ!マンガ考察メインのサイトです!!

POSTED COMMENT

  1. Rana より:

    結局『エマの納得できる答えや方法』でしかなくて『正解』じゃないんだよね…最初から… 『わがまま』って言ってるあたりそれに今はある程度は気づけてはいるんだろうけど。 もともとの『全員で逃げる』という意見だってリスクもそうだけど結局『彼女にとっての全員』であって他の食用児のこととかも考えられてたら…ってなってそもそも『3人で』を受け入れてたら今の悩みもなかったしノーマンを苦しませることもなかったんだよね… エマの今の選択も一見すると『全員助けたい』に見えるんだけどよくよく考えるとエマの理想がたとえ叶っても我慢させなければならない人・鬼は出てくるし、エマ自身を犠牲にしている選択肢だからエマ・レイを大切に思っているノーマンやギルダたちとかにとっては大切に思うからこそ『受け入れられない』選択肢。
    それに…エマの選択肢ってキツイことを鬼にされたラムダ組にとっては『ふざけんな』ってなってもしょうがない選択肢なんだよな… って思う

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です