約束のネバーランド

約束のネバーランド135話 新キャラ・アイシェ登場!鬼に飼われていた少女

シワくちゃのレイの姿描かれていた前回、衝撃すぎる展開になにがどうなっているのか分からなかったけど、今週も謎展開のままノーマン回へとは話は切り替わります。

あわせて読みたい
約束のネバーランド134話 ネタバレ感想
【約束のネバーランド】134話 暗闇と迷路七つの壁を探すべき旅立ったエマとレイ。目の前に現れたのが、かつて過ごしていたGFハウスに似た建造物でした。 https://man...

ダンとギルダを呼び寄せたノーマン、ムジカをどう扱うのか結論がでた様子。探し出して殺すのか、それとも、仲間にひき入れるのか。

ちなみに、先週体調不良でお休みしていた白井先生ですが快復した様子。すぐに復帰できてなによりです!

ノーマンの作戦

ダンとギルダに伝えた作戦とは、ムジカの捜索でした。ただし!以前に話していたこととは少し違っていた。ノーマンの作戦では邪血少女は邪魔な存在です。

エマとの話し合いの中で殺すと言っていたノーマンですが、ダンたちに伝えたときには、ムジカを保護してほしいと言います。

約束のネバーランド135話
出典:週刊少年ジャンプ2019年 26号 約束のネバーランド 集英社

保護?

ダンはノーマンの提案を怪しんでいます。ウソを言っているのではないかと見抜いているようです。というのもノーマンの表情が険しすぎます!

約束のネバーランド135話
出典:週刊少年ジャンプ2019年 26号 約束のネバーランド 集英社

隣にで聞いていたギルダも、ノーマンの表情、とくに目から「ウソをついてるワ!」と感じ取っている様子。ノーマンの言葉を信じきれない二人がいます。

ノーマンは、エマの計画に邪血の少女が必要だから保護してほしいと頼みます。ウソを言っていると疑いつつもノーマン作戦を最終的には引き受けた二人。

ダンとギルダはどうして引き受けることにしたのでしょうか?二人が考えていることを次から見ていきます!

スポンサーリンク

ダンとギルダの考え

ノーマンの前ではウソを追求しなかったダンたちですが、ノーマンと別れた後で二人で話ある場面があります。

そこで二人の考えが明らかになります。

約束のネバーランド135話
出典:週刊少年ジャンプ2019年 26号 約束のネバーランド 集英社

ソンジュを保護するというノーマンの意図を話し合うダンとギルダですが、可能性としては二つ考えられると言います。

  1. 考えをあらため直した
  2. ソンジュを誘き寄せるエサ

ノーマンの険しい表情から考えをあらため直したというよりも、ダンたちを利用してソンジュを殺そうとしている可能性が明らかに高い。

ソンジュがいる目星ができている状況で、ダンとギルダを捜索メンバーに選んだのは、ソンジュを誘き出すためのエサとして利用するためだと考えたダン。

そして、この作戦にはダンたちの護衛として、他のメンバーも加わります。一人はハヤト、そして、もう一人はアイシェという少女。

新キャラです!

鬼に飼われていた少女・アイシェ

約束のネバーランド135話
出典:週刊少年ジャンプ2019年 26号 約束のネバーランド 集英社

アイシェは銃の名手。さらに彼女のお伴には三匹の犬がいつもいるようだ。人語は話せないのか、話さないのかは不明。

鬼に飼われていたという少女は鬼の言葉を理解し、そして鬼を憎んでいるという。彼女がノーマンが送り込んだソンジュを殺すための刺客なのでしょうか?

レイとエマの現状

一方レイとエマのほうはといえば、シワシワだったレイは今週では元の姿に戻っているんですが、エマがが赤ちゃんになっています。

なんがなんだか分かりませんが、少なくとも時間の概念が現実世界とは違うようにも思えます。ともかく謎すぎる展開です。

ABOUT ME
トントコ
トントコ
ジャンプ系・マガジン系・ラノベ系(コミカライズ)に掲載している雑誌連載マンガを中心に、毎週考察記事を書いていくブログ!マンガ考察メインのサイトです!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です