呪術廻戦

【呪術廻戦】56話 半ドアの恐怖!

前回は半ドア呪霊事件をきっかけに、伏黒の中学時代の黒歴史が明らかになった回。虎杖も釘崎も壮大にいじってましたw

あわせて読みたい
呪術廻戦55話 ネタバレ感想
【呪術廻戦】55話 伏黒の中学時代の黒歴史w前回、まさかの野球試合によって決着を決めてしまった交流会の結末。そして新たにはじまる新章。 https://manga-kousa...

56話では、半ドア呪霊の正体が明らかに。さらには、夏油組が送り込んだ特級呪霊も登場して、虎杖たちが一気に窮地に立たされる!

八十八橋での捜査

伏黒の母校での聞き込みで浮かびあがった「八十八橋」の心霊現象。半ドア呪霊の犯人がこの橋にいのでは、と目星をつけた虎杖たちが捜査をはじめます。

しかしいっこうに進展の兆しがない。

残穢(ざんえ)も呪霊の気配すら感じない状態で捜査は難航、立ち往生の状態の虎杖たち。そんなとき伏黒の前に現れたのが藤沼姉。

どうやら今回の事件について何か知っているようです。

藤沼姉の証言

呪術廻戦56話 ネタバレ感想
出典:週刊少年ジャンプ2019年21号 呪術廻戦 芥見下々 集英社

藤沼姉の証言で明らかになったのが、当時自分も八十八橋の心霊の噂を聞いて友達と肝試ししていたこと。そして、彼女自身も半ドアを体験していたという。

彼女が犠牲になっていないのは、半ドアになっているその奥に不気味な存在を察知していたから。彼女は、その奥に

絶対何かいる

と直感で思っていたらしい。

ただ、藤沼姉の証言では肝試しには友達と一緒にしていたと話していた。つまり、被呪者はほかにもいるのである!

その一人が津美紀(つみき)という女性。

津美紀といえば、前回明らかになった伏黒の姉、となると、今回の事件で伏黒の姉ちゃんも犠牲者になる可能性が出てきてしまった。

スポンサーリンク

呪霊の等級

半ドア呪霊の呪いは、思った以上に広範囲に広がっています。虎杖たちが今回の任務に派遣されたは、それほど強くない呪霊だと判断したから。

ただ、捜査をしていくうちに半ドア呪霊の等級はもっと上、つまり虎杖が現在2級程度にあるので、それ以上のポテンシャルを持っている可能性がありそうだ。

呪術廻戦56話 ネタバレ感想
出典:週刊少年ジャンプ2019年21号 呪術廻戦 芥見下々 集英社

伊地知(いじち)さんの話では2級術師でも手に余ると判断。2級といえば、呪霊1級相当でも祓える実力の持ち主。つまり、半ドア呪霊の等級は

特級クラス

の可能性が高いことが今回判明したわけだッ!

さらに、今回ラストでは夏油組が送り込んだ特級呪霊「九相図」も参上している。虎杖たち三人だけで特級クラスを二つを相手にしなきゃいけない状況。

これってどう見たってヤバい展開。

夏油組の目的はなに?

今回、九相図を使って虎杖に接触したわけだけど、夏油組の目的ってどこにあるのかが気になるところ。

呪術廻戦56話 ネタバレ感想
出典:呪術廻戦53話 芥見下々 集英社

高専襲撃後の夏油のセリフでは、「しばらくは虎杖を刺激しない」って言ってたわけだから、さすがに舌が乾かないうちに虎枝を攻撃するってのはなんか違う。

虎枝が目的でないとすれば、他の目的があるはず、、、と思ったりするけど、九相図のお使いの理由がまだよく分からない。

考察の一つとして、半ドア呪霊が特級レベルの可能性とすると宿儺の指を持っている可能性。夏油の目的は、九相図を使って宿儺の指を回収させることなんじゃないかと。

これなら真人が言っていた「お使い」って表現もしっかりくると思うんだけどどうなんでしょうか。気になるところ!

ABOUT ME
トントコ
トントコ
ジャンプ系・マガジン系・ラノベ系(コミカライズ)に掲載している雑誌連載マンガを中心に、毎週考察記事を書いていくブログ!マンガ考察メインのサイトです!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です